「ソプラノ (soprano saxophone)」サックス教室講師によるレッスン内容紹介。

.

ノアミュージックスクールサックス教室講師によるレッスンノート。

まずは気軽に体験レッスン

体験レッスンは1,000円(税別)楽器がなくても大丈夫♪ 体験レッスンのご案内

サックス教室TOP > レッスンノート一覧 > ソプラノ (soprano saxophone)
.
サックス

ソプラノ (soprano saxophone)

調性はアルトよりも完全5度高い変ロ(B♭)調で、実音は記譜より長2度低い。
サクソフォーン四重奏においてはリーダー的存在になる。
また、テナーと同じ調性であるため、ジャズなどではテナー奏者が持ち替えて演奏することが多い。
本来はネックからベルまで円錐状の直管(ストレート)であるが、 柳澤管楽器がネック部分が少し曲がっているカーブドネックの楽器を発売してから、音色の柔らかさも手伝いカーブドネックも一般的になってきた。また両方の特性を1本の楽器で補う為、アルト以下と同様にネック部分の分割を採用し、ストレートとカーブドのネックを付け替え式にしたものもある(デタッチャブルネック)。カーブドソプラノと称するアルトサクソフォーン同様全体が曲管である楽器や、サクセロと称したベル部だけが正面を向いた楽器も存在する。ハイF#キーを備えるものの中には半音上のハイGキーを持ち、実音ファ(F)を出せるものもある。明るい音色のC調管も存在したが、現在は生産されていない(C メロディを参照)。

.
.

サックスのレッスンノート一覧

.
.
スタジオノア