.

ノアミュージックスクールジャムセッション教室講師によるレッスンノート。

まずは気軽に体験レッスン

体験レッスンは1,000円(税別)楽器がなくても大丈夫♪ 体験レッスンのご案内

ジャムセッション教室TOP > レッスンノート一覧 > ロック・シーン
.
ジャムセッション

ロック・シーン

ポピュラー音楽やロックミュージシャンの楽器の熟達度は、1960年代から1970年代早期にかけて向上した。演奏の中でジャムをすること、ジャミング(jamming) はロックの演奏のなかで普通にフィーチャーされるようになった。クリームやThe Jimi Hendrix Experience 、グレイトフル・デッド、オールマン・ブラザーズ・バンド は、ライブのなかの要素の1つとして、15分以上のジャムを展開してみせた。特筆すべき録音された演奏(レコード)の例としては、エリック・クラプトンの1970年代早期のバンド デレク・アンド・ザ・ドミノス のアルバム Layla and Other Assorted Love Songs の25周年記念エディションが挙げられる。25周年記念エディションに付いているボーナスCDには、グループのメンバーと他のミュージシャン達との長い即興によるジャムセッションのナンバーが入っている。これにはドミノスとオールマン・ブラザーズ・バンドのメンバーが出会って最初の演奏という歴史的なジャムセッションが含まれている。このジャムセッションの結果、ギタリストの デュアン・オールマン が、たった3曲録音された段階でドミノスへの参加を招待され、デュアンは、このレコードが最終的な形になるのに多大な貢献をしたのであります。

.
.

ジャムセッションのレッスンノート一覧

.
.
スタジオノア