【ベース教室】弾く前にチューニングをしよう!


■ ベースのチューニングとは


ベースのチューニングは、各弦の音程を決められた高さに合わせることです。正しいチューニングにしていないと、練習もきちんとできませんし、誰かと合わせて演奏する時も困りものです。ベースを弾く前にはしっかりとチューニングをしましょう!


■ どれを買ったらいい?チューナーを手に入れよう


チューナーに種類があり一般的に普及しているのがクリップチューナーとペダル型チューナーです。


・カード型チューナー


t1.png


クリップチューナー登場以前は一番一般的なチューナーでした。内臓マイクとシールドを繋いでのチューニングができるものです。今ではクリップチューナーに圧され気味ですが、メトロームを内蔵したものあるので便利なチューナーです。


・クリップチューナー


t2.png


ギターのヘッドにチューナーのクリップ部分を挟んでチューニングするものになります。自宅での練習や誰かと合わせるわけではないラフな使い方にオススメのものです。その気軽さ


・ペダル型チューナー


チューナー3.png


ギターとチューナーをシールドで繋いでチューニングするものです。オクターブチューニングなどシビアなチューニングに向いています。エフェクターボードなどに組み込むことができるのと、LEDの視認性が良くスタジオやライブでの練習にオススメです。


・ラック型チューナー


ラック.png
ラックに組み込む用の大きなチューナーです。ディスプレイ部分も大きくなり視認性が高くプロのラックシステムなどによく組み込まれています。


■ チューニングのしかた


ヘッド部分にあるペグ部分を締めたり緩めたりして音程を調整していきます。
音程を上げる場合はペグを締め、音程を下げる場合はペグを緩めます。チューニングの際は太い弦から細い弦に向かって順番に、ペグは緩んだ状態から締めるようにチューニングをしていきましょう。


・レギュラーチューニング


こちらが一般的なチューニングで4弦E 3弦A 2弦D 1弦Gで音程を合わせます。5弦ベースになると低い方にBもしくは高い方にCの弦が増えます。6弦ベースになるとその両方でBEADGCといったチューニングになります。


・半音下げチューニング


レギュラーチューニングから全弦半音下げたD#G#C#F#で合わせたチューニングです。楽曲によってはこういったチューニングもあります。


・ドロップDチューニング


こちらはレギュラーチューニングから4弦だけ一音下げたDADGで合わせたチューニングです。最低音が2弦のオクターブ下のDになり、低音を使ったアプローチが増えるためこのチューニングを使う楽曲も存在します。


上記のチューニングはあくまで一例で、実際には楽曲により様々なチューニングがありますので、自分の演奏したい曲に合わせてチューニングをしてください。


■ チューナー無しでのチューニング


チューナーがなくても音叉の音を基準にすることでチューニングはできます。
しかし現代ではスマートフォンのアプリで音叉と同じようにチューニングができます。それだけでなく普通のチューナーと同じようにギターを弾いて音程を合わせることができるアプリも多いです。


・音叉(アプリ)でのチューニング
音叉(アプリ)で基準の音(A)を出します。3弦のチューニングをその音に合わせて、その音と1本低い弦の5フレットを押さえた音を合わせていくチューニング方法もあります。チューナーが手元にない場合は、このようなやり方でもチューニングはできるので試してみてください。

リットーミュージック,
https://www.rittor-music.co.jp/yokuwakaru/bass01.html,(参照2018-12-2)

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA