初めてのベースエフェクター!種類を知ろう|ノアミュージックスクール【ベース教室】

画像1.JPG


■ ベースでもエフェクターは必要??


ベースはギターのようエフェクターを足元にズラッと並べるようなプレイヤーはそこまで多くありません。
エフェクターを使わず、ベースを直接アンプに繋ぐシンプルな「直アン派」ベーシストもギタリストに比べて多い印象です。


ではベースにエフェクターは不要か、というと決してそんなことはありません。エフェクターと聞くとサウンドを大きく変化させるものを想像しがちですが、ベースエフェクターはどちらかというとサウンドの細かな調整に主眼を置いた機種がよく使われています。
画像?.JPG


■ マルチとコンパクトエフェクター


エフェクターは様々な種類がありますが、「マルチエフェクター」と「コンパクトエフェクター」に分別することができます。


マルチエフェクターは1台の中に多数のエフェクトが内蔵されたエフェクターです。比較的高価な機種が多いですが、エフェクトの種類ごとに1台ずつ揃えるよりは結果的に安価に抑えられることもあります。ケーブルの配線もさほど気にせず使えます。


コンパクトエフェクターはなんといっても「このエフェクターでしか出せない」というサウンドの独自性が強みです。ただこだわりすぎるとエフェクターの量が非常に多くなってしまい、運搬の煩わしさと機材トラブルのリスクが増すことになります。
画像?.JPG


■ エフェクターの種類


ギターほどでは無いですが、ベース用のエフェクターも多種多様なものがあります。


・コンプレッサー


コンプレッサーは音量を均一化させることでバランスの良い出音が出しやすくなります。ベースはギターに比べ弦が太く音量がバラつく傾向にあるため、効果が実感しやすいです。


・オーバードライブ/ディストーション


ギター用エフェクターの王道である歪み系ですが、ベースにもよく用いられます。ベースソロの際はもちろん、バンドサウンドに馴染ませたり、分厚くさせたいときにもオススメです。


・イコライザー


イコライザーは出音の帯域(低域〜中域〜高域)を調整し明瞭で聴きやすいサウンドを作ることのできるエフェクターです。


・コーラス


こちらもギターエフェクターとしておなじみですが、ベースにもオススメもエフェクトです。原音に揺らいだような音が重なることで厚みのあるサウンドになります。少人数のアンサンブルやベースソロ時にベース音の存在感が大幅に増します。


■ プリアンプとは


上に挙げたもの以外に「プリアンプ」というエフェクターが非常によく使われています。
プリアンプは楽器から出力された音声信号を調整し、パワーアンプという音声信号を増幅させる箇所に送る役割を担っています。
本来プリアンプはアンプに搭載されているものですが、サウンドの中核を担う重要な箇所のため、その部分だけを抜き出したエフェクターが数多く販売されています。


■ 最初に揃えるなら?おすすめエフェクター


・Tech21/SANSAMP BASSDRIVER DI V2


画像?.JPG
国内で最も使用されている定番ベース用プリアンプ。
抜群の音抜けと芯のある低音、ドンシャリサウンドが特徴。比較的高価な機種ですが中古も多く出回っています。


・EBS / MultiComp


画像?.PNG
こちらもユーザーが非常に多い定番コンプレッサー。
初心者でも扱いやすいシンプルなコントロール部に加え、コンプレッションをかける帯域を指定できるマルチバンド機能を搭載。玄人にもオススメのペダルです。


・BOSS / ODB-3


画像?.JPG
安心と信頼のBOSS製オーバードライブ。バンドアンサンブルに馴染みやすい歪みです。ブースターとしても優秀なペダルです。


・ZOOM / MS-60B


画像?.JPG
ZOOM製の高機能マルチエフェクター。コンパクトエフェクターサイズに52種類のエフェクトを搭載。最大4つのエフェクトを同時使用出来ます。


・MXR / M83 Bass Chorus Deluxe


画像?.JPG
フランジャー機能も搭載したコーラスエフェクター。
高域だけにコーラスをかける「X-OVER」機能を搭載。輪郭のハッキリした低音とフワッとした高音の組み合わせが秀逸です。

体験レッスン

レッスン時間
30分
¥1,000
(税別)
楽器レンタル
無料

まったくの初心者でも大丈夫!

楽器に触ったことがない初心者の方にこそ、楽器を弾く楽しみを感じてほしい、と思っています。体験レッスンに限り、無料で楽器のレンタルを行っています。まずは楽器に触れ、音を出してみませんか?

自分のレベルがわからない!

自分がどれくらい弾けるのかわからない?という方も、体験レッスンを受けていただければ、担当の講師がレベルに合ったレッスン内容をご案内します。

体験レッスンはWEBまたはお電話にて
ご予約できます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

池袋 IKEBUKURO
高田馬場 TAKADANOBABA
目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA