【フルート教室】フルートはクラシックだけじゃない!ジャズフルートの魅力

?はじめに
フルートと言えばクラシック音楽で使用される楽器のイメージが強いかと思われる方が多いのではないかと思います。今回はジャズという音楽の中でのフルートの魅力についてご紹介したいと思います。


■ クラシックにはないアドリブ演奏が魅力的!


まず、クラシックとジャズの大きな違いが2つあります。1つ目は

・リズム


クラシック音楽での打楽器は一定のリズムを刻む為に使われているのではなく、曲の盛り上がりやアクセントをつける効果音のような存在として使われます。楽譜にも2拍子や4拍子などと表記はあるが、1小節に4分音符がいくつあるかといったような数字的な意味合いであり、演奏するスピードとは関係ありません。指揮者がスピードを決めていきます。
一方、ジャズ音楽では基本的に最初に決めたテンポで最後まで演奏します。
指揮者はいないので代わりにドラムやベースなどの伴奏楽器が担当します。
2つ目の違いは


・コード進行


クラシック音楽には調や和音はあってもコード進行という概念はありません。譜面に書かれているままに最初から最後まで演奏しなければいけません。
ジャズ音楽では楽譜にメインのメロディーの表記があるだけで、後はコード進行、繰り返し等の表記があるだけです。その為、同じ曲でも全く同じ演奏は二度とできないのです。
さらに、上級者になるとテーマのメロディー以外はすべてアドリブになったりすることもあります。そのバンドのリーダーが演奏前の雰囲気などでコード進行を決めたりと人間味があり、そこにジャズの魅力があると思います。


■ 有名なジャズのフルート奏者


・Herbie Mann(ハービー・マン)


スクリーンショット 2018-09-29 13.25.42.png
1930年4月16日~2003年7月1日(73歳没)
アメリカ出身のジャズ・フルートの第一人者。ジャズの境界を破るフルートテクニシャンのパイオニアとして1960年代以降のフルートを用いる最も注目されたジャズミュージシャン。ジャズではマイナー楽器のフルートで初めて挑戦し結果を残した人物。


・Jeremy Steig(ジェレミー・スタイグ)


スクリーンショット 2018-09-29 13.25.47.png
ビル・エヴァンズとの共演盤「What's New」で一躍有名になりました。
クラシックの世界ではタブーである「ブレス漏れ音」を盛大に出しながら、エヴァンズとの演奏が印象的。


・Hubert Laws(ヒューバート・ロウズ)


スクリーンショット 2018-09-29 13.25.50.png
1939年11月10日〜(78歳)
アフリカ系アメリカ人のフルーティスト。ジュリアード音楽院出身。1970年代にグラミー賞に3回ノミネートされている。


■ 知っておきたい、ジャズフルートの名曲


上記で紹介した奏者の代表曲を紹介いたします。どの曲も名曲でおすすめなので是非視聴してみてください。


Memphis Underground / Herbie Mann



Autumn Leaves / Bill Evans with Jeremy Steig



Family / Hubert Laws



■ アドリブ演奏のための第一歩、メロディフェイクの練習法


アドリブ演奏に向けてまず始めにメロディフェイクの練習を行いましょう。
メロディフェイクとは、原曲のメロディを変化させ崩すという意味。
崩すと言ってもすべてを変えるわけではなく、元のメロディも残しつつ発音のタイミングを変えることで「ノリ」を表現したり、フィルインを入れたりすることでバラエティーに富んだメロディにしたりする。
いきなりアドリブと構えてしまうと抵抗がある為、こちらの練習方法は元のメロディがあるのでそれに沿いながらアレンジを加えていく方法なのでイメージがしやすい。


?終わりに
ジャズ音楽でのフルートはまだまだマイナーな楽器でジャズフルート奏者も多くはないのが現状です。ですがクラシック音楽でのフルートとは吹き方も奏法も異なり、また違ったフルートの一面が見ることができます。
現在クラシック・フルートを習われている方は困惑するかと思いますが、
ジャズ・フルートの世界も知ることで音楽の幅が広がっていくのではないでしょうか。これを機に挑戦して頂くのも面白いかと思います。


ノアミュージックスクールでは楽器をプロから直接学ぶことができます。都内10箇所にて展開しておりフルートの講師も在籍しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

https://www.noahmusic.jp/

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケに合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA