壁掛けもお洒落!ギタースタンド選択のコツ|ノアミュージックスクール【ギター教室】

1588298_s.jpg


?はじめに


ギタリストにとってギターの保管方法は悩みの種です。
ケースから都度出し入れし使用する、という方もいるかと思いますが、
大体の方がギタースタンドに立てて保管しているのではないでしょうか。
(壁に立て掛けたり、床に直置きすると非常に危険なので避けましょう!)一言でギタースタンドといっても非常に多種多様です。シチュエーションに合わせて最適な物を選びましょう!


??賃貸でも大丈夫?自作もできるギタースタンドの作り方


ギタースタンドを自作している人も実は結構います。
自作のメリットは
・ギターのサイズ、本数に合わせることが出来る
・部屋のサイズ、インテリアに合わせて作ることが出来る
・ウエイト設置やネックピローのロック等ギターの転倒防止策も選べる
といった点が挙げられます。


シンプルなタイプのスタンドなら制作にそこまで時間はかかりません。
必要な材料もホームセンターで一通り揃います。


・角材(あればネックピロー用に円柱上の木材)
・ネジ類
・ギター本体と接する部分に使用する緩衝材(ゴムは色移りする危険があるのでコルク材等がオススメ)


壁掛けタイプ等、壁に穴をあけるタイプのスタンドは自立タイプに比べ少ない資材で制作出来ますが、賃貸にお住まいの方は要注意です。後々の修繕を考えるなら壁に穴をあけるようなタイプは避けたほうがベターでしょう。


??ギタースタンドを選ぶポイント


・ハードケース


ハードケース.jpg
いきなりスタンドでは無いですが、長期間保管する際はハードケースに入れておくのがオススメです。周囲の環境変化、特に直射日光や湿気対策に優れています。湿度調整剤を一緒に入れて保管しましょう。


・立て掛け型


たてかけ.jpg
比較的安価、小型、軽量で持ち運び安いものが多く非常にポピュラーなタイプのスタンドです。安定感は他の種類にやや劣ります。


・吊り下げ型


つりさげ.png
スタンド上部のフックにギターネックを引っ掛け、ギターの自重で支えるタイプのスタンドです。ネックの負担もあまり無く、安定感も高いですが、多少値が張るものが多いです。


・ラック型


ラック.jpg
複数のギターをまとめて保管できるため、スタンドを1本ずつ置いておくよりかなりスペースを節約できます。


・壁掛け型


逕サ蜒鞘則.jpg
壁の取り付けるタイプのシンプルなスタンド。ネックへの負担も少なく省スペースかつインテリア性も高いですが、取り付ける壁面にある程度の強度が必要です。壁に取り付けるのが不安な方はディスプレイネットに引っ掛けるハンガーホルダータイプがオススメです。


??旅先でも使える|可搬性の高いアイテム


屋外にスタンドを持ち出す際は可搬性の高さが重要です。
オススメはコンパクトな立て掛け型です。折りたたむことが出来るモデルが多く、非常にスッキリした外見です。
安定感は他の型に劣るので、ヘッドに重心があるものや変形ギターには使用しないほうが良いでしょう。
逕サ蜒鞘即.jpg


??ギターが増えてきたあなたにオススメ


ギターの所有数が増えるとどうしても収納スペースの問題にぶつかります。
そんな方にオススメの収納がハンガーホルダーを使った方法でコンパクトに収納することが出来ます。
ただ、ギター同士がぶつかりやすいため、扱いには気を付けないと大事なギターが傷だらけになりかねません。


?終わりに


一言でギタースタンドといってもその収納方法には様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
何を重視するかは人それぞれですが、大事なギターを安全に保管するためにも、信頼出来るスタンドを探し吟味してから決めることが重要です!

体験レッスン

レッスン時間
30分
¥1,000
(税別)
楽器レンタル
無料

まったくの初心者でも大丈夫!

楽器に触ったことがない初心者の方にこそ、楽器を弾く楽しみを感じてほしい、と思っています。体験レッスンに限り、無料で楽器のレンタルを行っています。まずは楽器に触れ、音を出してみませんか?

自分のレベルがわからない!

自分がどれくらい弾けるのかわからない?という方も、体験レッスンを受けていただければ、担当の講師がレベルに合ったレッスン内容をご案内します。

体験レッスンはWEBまたはお電話にて
ご予約できます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

DTM DTM

DAWの使い方はもちろん、作曲や打ち込み、はたまた録音に至るまで、DTMに必要な知識を余すことなく教わることができます。DAWは、Logic Pro、Cubase、Studio Oneのシェアベスト3のソフトから選べ、モニタースピーカーもご用意しております。自分の曲を形に残したい、生楽器も録音して完成度を高めたい、そもそも自分で曲を作れるようになりたいという方、ぜひご受講ください。

STUDIO店舗案内・アクセス

渋谷1号 SHIBUYA1
池袋 IKEBUKURO
高田馬場 TAKADANOBABA
目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA