ギターやベースを湿気から守る!|ノアミュージックスクール【ギター教室】

湿気1.jpg


はじめに


今年も梅雨シーズンがやってきました!
連日続く雨や高温多湿な環境、低気圧による身体への悪影響など色々と面倒な季節ですが、楽器も例外ではありません。
という事で今回はギターやベースの湿気トラブルと対策についてご紹介します。


■ ギターに湿気が大敵な理由


一部の例外を除いて、ギターやベースの大部分は木材で出来ています。
木材は呼吸のように周囲の湿気を吸ったり吐いたりしています。
そして木材は湿度が高いと膨張し、逆に低いと収縮する性質があるため湿度によって大きさや形状に僅かながら変化が生じます。
この変化が楽器に様々なダメージを与えてしまうのです。


■ 湿気によるギターへのダメージとは


(1) ネックが反る


湿気2.jpg


湿気による最も煩わしいトラブルはネックの反りでしょう。梅雨時はネックが逆反りしてしまうことが非常に多いです。逆反りによって音のビビリなど演奏時の大きなトラブルに繋がります。
ネック内部のトラスロッドを調整することである程度対応可能ではありますが、限界があります。

   

(2) 弦やパーツが錆びる


湿気3.jpg
弦や金属で出来たパーツは保管状況によってはすぐに錆びてしまいます。
梅雨時は特に影響が出やすいので注意が必要です。


(3) チューニングが狂う


湿気4.jpg
先に挙げたネックの反りによってチューニングも狂いやすくなります。
昨晩弾いたギターを今朝弾いたらチューニングがバラバラになっていた、なんてことも珍しくありません。


(4) 音が変わる


湿気は出音にも大きく影響します。
楽器の木材が湿気を吸うと重くなり、振動しづらくなってしまいます。
振動のしづらさはそのまま音抜けや音量に影響するため、梅雨時はギターやベースは普段より鳴らなくなると言われています。


■ 最適なギターの保管場所とは


楽器は特に対策をしないまま室内にそのまま置いてしまうと、どうしても湿度の変化に晒されてしまいます。
最適な保管場所としてオススメ出来るのが「壁に吊るして保管」するか、「ハードケース内」で保管するか、です。


壁に吊るすメリットはネックへの負担軽減と通気性の高さです。室内の湿度管理がある程度出来る環境なら非常にオススメです。


ハードケース内は外気の影響を受けにくいため湿度調整が比較的に容易ですが、ケースの保管場所が高温多湿で空気の通りが悪いとカビが生えてしまう等リスクがあります。定期的にケースから取り出して状態を確認することが重要です。
湿気5.jpg


■ 湿気から守る!ギターの管理をしよう!


湿気6.jpg


(1) 最適な湿度とは


ギターの保管には「気温20度前後、湿度40〜50%程度」が理想とされています。梅雨の時期はエアコンと除湿機を併用できる環境があると良いでしょう。


(2) ギターの保護


ギターを湿気から保護するために、まず重要な点は使用後のケアです。梅雨時に手垢や汗が付着したまま放置してしまうとすぐに弦やパーツが錆びてしまいます。使用後はしっかりクロスで汚れを拭き取ってから保管しましょう。また、専用のポリッシュやオイル、スプレーを併用するとより効果的です。


(3) 湿気対策のグッズ


ケース内で保管する際は湿度調整剤を一緒に入れておくと安心です。
高湿度時には湿気を吸い取り、低湿度時には水分を吐き出す作用があるため、通年で使える便利なグッズです。各楽器メーカーから販売されており、防臭や防錆効果が付与されている物もあります。


?終わりに


四季の移り変わりはギターやベースにとって過酷な環境であり、湿度管理の問題は常について回ります。
対策は色々と手がかかりますが、楽器への理解が深まり、自分の機材により愛着が持てる良い機会と捉えると楽しめるかもしれません。

体験レッスン

レッスン時間
30分
¥1,000
(税別)
楽器レンタル
無料

まったくの初心者でも大丈夫!

楽器に触ったことがない初心者の方にこそ、楽器を弾く楽しみを感じてほしい、と思っています。体験レッスンに限り、無料で楽器のレンタルを行っています。まずは楽器に触れ、音を出してみませんか?

自分のレベルがわからない!

自分がどれくらい弾けるのかわからない?という方も、体験レッスンを受けていただければ、担当の講師がレベルに合ったレッスン内容をご案内します。

体験レッスンはWEBまたはお電話にて
ご予約できます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

DTM DTM

DAWの使い方はもちろん、作曲や打ち込み、はたまた録音に至るまで、DTMに必要な知識を余すことなく教わることができます。DAWは、Logic Pro、Cubase、Studio Oneのシェアベスト3のソフトから選べ、モニタースピーカーもご用意しております。自分の曲を形に残したい、生楽器も録音して完成度を高めたい、そもそも自分で曲を作れるようになりたいという方、ぜひご受講ください。

STUDIO店舗案内・アクセス

秋葉原 AKIHABARA
2021 NEWOPEN!
渋谷1号 SHIBUYA1
池袋 IKEBUKURO
高田馬場 TAKADANOBABA
目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA