セミアコ初心者必見おすすめギター5選|ノアミュージックスクール【ギター教室】

917875_s.jpg


はじめに


ギターの種類といえば"アコースティックギター"と"エレキギター"。
そんなエレキギターの中でも、ボディ部分の構造によってさらに種類が分けられていることを知っていますか?
今回はその中から《セミアコ(セミアコースティックギター)》と呼ばれるギターを紹介します!


■ セミアコの魅力とは?


1. セミアコの歴史


セミアコの歴史は古く、1958年にギブソン社が"ES-335"を生み出したところから始まっています。この年にギブソンは、レスポールスタンダードやフライングV、モダーンなどもデビューさせていますが、その中でもこのES-335のみが支持を集め、ヒット作となりました。その後、1960年代に入るとセミアコ市場に"リッケンバッカー"が登場し、ビートルズの使用により人気を博しますが、ES-335のライバルとはなりませんでした。また、フェンダー社も1970年に初のセミアコ"フェンダー・スターキャスター"を発表しますが、こちらもまた不発に終わり、セミアコ市場はES-335の独壇場となりました。また、近い時期に同じくフェンダーからセミアコに似たものとして発表された「シンライン」が注目され、現在では《ES-335を意識したモデル》と《シンライン》がセミアコの主な2つのタイプとなっています。


2. セミアコの特徴


セミアコはボディが空洞である「ホロウボディ」に分類されますが、ボディ全体が空洞なわけではありません。セミアコの内部には「センターブロック」と呼ばれる木材が設置されていて、ソリッド(空洞がないボディ)とフルアコ(全て空洞のボディ)のちょうど中間となる構造です。
サウンドもまさに、ソリッドとフルアコのいいとこどりのようなサウンドで、倍音の豊かなトーンが特徴です。クリーンな音から歪ませた音まで幅広く対応し、様々なジャンルで重宝します。
また、セミアコという分類はギターだけでなく、同じ竿物であるベースにも存在します。ジャズベースやプレシジョンベースなどがソリッドと呼ばれるのに対し、ウッドベースなどがセミアコに分類されます。セミアコのベースの特徴はやはり、ボディが空洞であることによる、箱鳴り感のあるサウンドです。しかし、ボディが空洞なのに対しネックはソリッドと同じようなものが取り付けられるため、重心がヘッド寄りになり、ヘッド落ちが起きやすいことがデメリットとなります。


3. シンラインの登場


1969年、フェンダーはスターキャスターを発表する前にあるギターを発表しました。それが、テレキャスターのボディをセミアコと同じ様に空洞にし、Fホールを開けた「テレキャスター・シンライン」です。もともとはソリッドギターの軽量化を目的として作られましたが、"すでに木材から切り出されたソリッドギターを空洞化する"という新しい技法が注目され、この技法のギターが「シンライン」と呼ばれる様になりました。


■ セミアコとフルアコの違い


冒頭からセミアコについて紹介してきましたが、実はその対になるものとして《フルアコ(フルアコースティックギター)》と呼ばれるギターが存在します。両者の違いは、簡単に言えば「ボディ部分にどれだけ空洞があるのか」ということです。フルアコはボディの内部が全て空洞であることに対し、セミアコはセンターブロックにより、空洞部分はボディの約半分ほどです。さらに、その空洞の差異により、フルアコはボディが厚め、セミアコは薄めという違いもあります。


また、この空洞の影響は演奏する際にも現れます。両者を比較すると、空洞部分が多いフルアコは内部での反響がより大きくなるため、豊かで美しい反響音を大きな生音で発します。しかし、反響が大きい分、音量を上げるとハウリングを起こしやすくなります。逆にセミアコの場合は、センターブロックやボディの薄さによりハウリングが起こりにくいため、大音量でも演奏が可能です。


■ セミアコの選び方


《ボディ材》
セミアコで使用されるのは主にメイプル・マホガニー・アッシュの3種類です。
メイプル:比較的硬い材質。高音域が際立つ硬めのサウンドが特徴。
マホガニー:比較的柔らかい材質。中音域・低音域が特徴的であたたかみのあるサウンドが特徴。
アッシュ:全体的にバランスのいい材質。木目が綺麗なことも特徴です。
セミアコは木材によって音色が左右されます。
実際にアーティストが使用しているギターの材質を調べたり、試奏してみるなどして好みの材質を見つけましょう!


《ネック材》
ネックもボディと同じく、メイプル・マホガニーが主に使用されている材質です。
メイプル:立ち上がりの早いシャープなサウンド
マホガニー:丸みを帯びた柔らかいサウンド
また、ネックは取り付け方法も様々です。
1本の木材を切り出して作るワンピースタイプと指板に別の木材を貼り付けるツーピースタイプがあり、セミアコでは音のバランスやデザインを考えてツーピースタイプで設計されていることがほとんどです。


《ピックアップ》
ピックアップにも2種類あり、それぞれ特徴が異なってきます。
シングルタイプ:高音域がしっかりとしていて様々なサウンドに対応。
ハムバッカー:中音域・低音域がしっかりとしていて歪みやすく、ノイズがのりにくい。
セミアコではハムバッカーを2基搭載しているものが主流ですが、ハムバッカーが1基のみやハムバッカー・シングルの両方を搭載しているものなどもあります。


《ボディの形・デザイン・カラー・木目》
あとは、見た目の違いです。形や色、木目の柄など、自分が魅力的に思うギターを見つけましょう!


■ セミアコを使うアーティスト


【生形真一】Nothing's Carved In Stone/ELLEGARDEN
【Noel Gallagher】Oasis
【Larry Carlton】
【浅井健一】元Blankey Jet City
【B.B.King】
【George Harrison】The Beatles
【John Lennon】The Beatles
【John Scofield】
【John Frusciante】元Red Hot Chili Peppers
【チバユウスケ】THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/The Birthday
【白井眞輝】[Alexandros]
【Mick Taylor】The Rolling Stones
【Nakajin】SEKAI NO OWARI
などなど、セミアコは世界的に広く愛用されていることがわかりますね。


■ セミアコ初心者のおすすめモデル5選


【Gibson (ギブソン) ES-335】


世界初のセミアコであるES-335。見た目も音も当時のままです。指が当たる指板エッジの部分を滑らかにしているので、握りやすいのが特徴です。
ギブソン.jpeg


【Epiphone (エピフォン) Sheraton ? PRO】


ピックアップには、シングル・ハムバッカーの両方を搭載し、自由に使い分けることができます。
エピフォン.jpeg


【Edwards (エドワーズ) E-SA-180LTC】


日本製のセミアコで、人の手で作成することにこだわったギターです。重厚で深みのある音が特徴で、エボニーを使用した指板により演奏しやすい1本です。
エドワーズ.png


【Gretsch (グレッチ) G2622T Streamliner Center Block with Bigsby】


ボタンやスイッチを最小限に抑え、落ち着いた外観に演奏しやすいシンプルな操作性が特徴的です。
グレッチ.jpeg


【YAMAHA (ヤマハ) SA2200】


YAMAHAのセミアコ定番モデル。ジャジーなサウンドが大人の音楽にピッタリです。デザインもブラウンで落ち着いた雰囲気が、まさに大人向けな印象です。
ヤマハ.jpeg

体験レッスン

レッスン時間
30分
¥1,000
(税別)
楽器レンタル
無料

まったくの初心者でも大丈夫!

楽器に触ったことがない初心者の方にこそ、楽器を弾く楽しみを感じてほしい、と思っています。体験レッスンに限り、無料で楽器のレンタルを行っています。まずは楽器に触れ、音を出してみませんか?

自分のレベルがわからない!

自分がどれくらい弾けるのかわからない?という方も、体験レッスンを受けていただければ、担当の講師がレベルに合ったレッスン内容をご案内します。

体験レッスンはWEBまたはお電話にて
ご予約できます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

DTM DTM

DAWの使い方はもちろん、作曲や打ち込み、はたまた録音に至るまで、DTMに必要な知識を余すことなく教わることができます。DAWは、Logic Pro、Cubase、Studio Oneのシェアベスト3のソフトから選べ、モニタースピーカーもご用意しております。自分の曲を形に残したい、生楽器も録音して完成度を高めたい、そもそも自分で曲を作れるようになりたいという方、ぜひご受講ください。

STUDIO店舗案内・アクセス

秋葉原 AKIHABARA
2021 NEWOPEN!
渋谷1号 SHIBUYA1
池袋 IKEBUKURO
高田馬場 TAKADANOBABA
目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA