ピアノの詩人ショパンについて知ろう | ノアミュージックスクール ピアノ教室

■ ピアノの詩人ショパン

フレデリック・ショパンは1810年にピアノの詩人と呼ばれたポーランドの作曲家でフランス人のヴァイオリンを愛す父とポーランド人の声楽を嗜む母の間に生まれ、音楽に囲まれた環境で育ちました。


4歳でピアノに触れるようになります6歳の頃には作曲にも興味を示し始め、7歳で公演を始めるなど。まさに「神童」と呼ばれるにふさわしい才能を表し始めました。


20代には他国へ移り住み、大きなホールよりも私的な会場を好んで演奏をしていたようです。ショパンはとても繊細な人柄で大勢の前での演奏などはとても苦手で緊張しいだったとのことです。


1849年に39歳という若さで亡くなってしまいます。死因は肺結核でした。ショパンが残した数々の名曲たちは時代を超えてたくさんの人々に愛されています。


1800年代前半、いわゆる「ロマン派」と呼ばれる時代に活躍していた作曲家が先ほど紹介した「ピアノの詩人」フレデリック・ショパンと「ピアノの魔術師」フランツ・リストの二人です。
天才ピアニストとして名を馳せていた2人ですが特徴は正反対でした。華やかな演奏を好むリストは「陽」、静かで目立たないいような演奏を好む「陰」という表現がまさにぴったりな関係でした。
作曲家としてピアノで詩を書き続けたショパンと、当時はどちらかというとピアニストとして有名だったリスト。彼は同年代のショパンの曲をよく好んで弾いていた、というエピソードもあります。


■ ショパンのエチュード(練習曲)


ショパンはエチュード(練習曲)と名のつく作品を27曲残しており、高度な技術が必要な難曲ですが、それに加え豊かな詩情や多彩なハーモニーやリズム、魅惑的な旋律といった、より音楽的な資質と表現力が求められており、従来の作曲家による「練習曲」よりもはるかに高い次元の作品として今もなお弾き継がれてきています。


■ ショパンの有名作品


・ノクターン(作品第2番、第20番などが有名)
・プレリュード(作品第15番「雨だれ」などが有名)
・別れの曲
・子犬のワルツ
・革命のエチュード


■ ショパンピアノコンクール


ショパン国際ピアノコンクールは、ポーランドで現存する国際音楽コンクールの一つで、課題曲はすべてショパンの作品となっています。


1. 予備審査:書類提出
2. 予備予選:現地演奏
3. 一次予選
4. 二次予選
5. 三次予選(準本選)
6. 本選:ピアノ協奏曲


上記の段階を踏み行われます。
コンクールの出場資格は16歳以上30歳以下の年齢制限が設けられています。1927年に第1回が開催されて以来、90年近くにわたって優れたピアニストを生み出してきた由緒あるコンクールです。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA