自宅でも練習したい!初心者の電子ピアノ選び|ノアミュージックスクール【ピアノ教室】

はじめに


 今年はおうち時間が増え、新たなことを始めたいと考えた方も多いのではないでしょうか?
電子ピアノは自宅でも気軽に練習ができるので初めて楽器を触れる方にもおすすめの楽器です!


■ 自宅用に!電子ピアノを選ぶメリット


画像1.jpg


 音量を気にせずいつでも演奏できるのが電子ピアノの魅力です。グランドピアノやアップライトピアノのようなアコースティックピアノは、コンサートや発表会で使用されているので、音量もかなり大きいです。自宅で練習するとなると、深夜や早朝など防音設備が整っていないと騒音のトラブルに繋がります。ですが、電子ピアノだったらヘッドフォンを繋げば真夜中でも周りを気にしせず練習ができます!


画像2.jpg


 アコースティックピアノは定期的な調律が必要です。繊細な楽器なのであまり使っていなくても音は段々と変化してしまいます。調律代も1万円以上はかかりますので購入した後のメンテナンスに費用がかかります。ですが電子ピアノは電子楽器なので音が狂うことがなくメンテナンスにお金がかかりません。


 電子ピアノは小型・軽量なものが多いので場所を取らず、移動も簡単にできます。アコースティックだと200?はあるので、一度置いてしまうと移動はなかなかできません。また、床がしっかりしていないと大変危険です。


■ 予算は?メーカーは?目的に合わせて選ぼう


 電子ピアノは種類が豊富で安いもので3万円前後から高いものだと40万円を超えます。値段が上がるにつれて音色や鍵盤のタッチなど、よりアコースティックピアノに近づいていきます。
 

 電子ピアノで有名なメーカーをご紹介!
 アコースティックピアノも生産しているYAMAHA・KAWAI。電子楽器で有名なRoland・KORG・CASIO。などが主要なメーカーです。


選ぶときにメーカーで絞ってしまうのはもったいないことです。楽器店で実際に触って鍵盤のタッチ感、音色や音の聞こえ方なども参考にしてみてください!
メーカーや機種によって特色や搭載されている機能が異なるので、購入する目的をはっきりさせてから電子ピアノを選びましょう!


■ 自宅レッスン用の電子ピアノの選び方


1. 鍵盤のタッチ


画像3.jpg
電子ピアノの鍵盤はアコースティックに比べて軽く、素材も木製と樹脂製(プラスチック)があります。安い電子ピアノは耐久性の高い樹脂製の鍵盤が使用され、よりアコースティックに近いタッチなのが木製の鍵盤です。各メーカー15万以上になると木製が多くなります。


2. 音の出方


電子ピアノは本体に内蔵されたスピーカーから音が出ます。大きなスピーカーが多く内蔵されていると音の強弱などを表現することができるのでよりアコースティックピアノに近い音が鳴ります。


3. スタンダードタイプとコンパクトタイプ


   電子ピアノの形状には大きく分けて2つあります。
画像4.jpg
スタンダードタイプはいわゆるアップライトピアノのような形をしています。

画像5.png
コンパクトタイプは鍵盤部分のみでキーボードスタンドなどの土台が必要です。


■ 子供の電子ピアノの選び方


画像6.jpg


 安価なものだと鍵盤が軽いので指の使い方が上達しなかったり、音の強弱が分からず表現力もなかなか身につきません。発表会などでアコースティックピアノで演奏するとタッチや音の聞こえ方にギャップが生じてしまいます。将来的に続けていく・上達させたいとお考えでしたらアコースティックピアノに近いものを選ぶのがおすすめです。


■ 初心者にオススメ電子ピアノ


pia 7.JPEG

 費用を抑えたい、大人になって趣味としてピアノを始めたい、簡単な弾き語りが出来るようになりたいという方はシンプルな機能ものでも十分に演奏を楽しめます。
画像8.jpg


 バンドを組んで始める方は音色が多彩なもの、持ち運べるようなコンパクトタイプのものがおすすめです。よくキーボードと言われることが多いですね。アコースティックだと88鍵ですが、コンパクトタイプだと76鍵や61鍵など鍵盤数が少なくより軽量な機種もあります。


いかがでしたでしょうか?電子ピアノには様々な機種があります。自宅用に買うときには、趣味で始めるのか、子供の練習用なのか目的をはっきりさせることが重要です。最近は中古の電子ピアノも多く販売されています。しっかり整備されたものも多いので費用を抑えたい方は視野に入れてみてはいかがでしょうか。これからのピアノライフを楽しめる1台を見つけましょう!

体験レッスン

レッスン時間
30分
¥1,000
(税別)
楽器レンタル
無料

まったくの初心者でも大丈夫!

楽器に触ったことがない初心者の方にこそ、楽器を弾く楽しみを感じてほしい、と思っています。体験レッスンに限り、無料で楽器のレンタルを行っています。まずは楽器に触れ、音を出してみませんか?

自分のレベルがわからない!

自分がどれくらい弾けるのかわからない?という方も、体験レッスンを受けていただければ、担当の講師がレベルに合ったレッスン内容をご案内します。

体験レッスンはWEBまたはお電話にて
ご予約できます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

DTM DTM

DAWの使い方はもちろん、作曲や打ち込み、はたまた録音に至るまで、DTMに必要な知識を余すことなく教わることができます。DAWは、Logic Pro、Cubase、Studio Oneのシェアベスト3のソフトから選べ、モニタースピーカーもご用意しております。自分の曲を形に残したい、生楽器も録音して完成度を高めたい、そもそも自分で曲を作れるようになりたいという方、ぜひご受講ください。

STUDIO店舗案内・アクセス

渋谷1号 SHIBUYA1
池袋 IKEBUKURO
高田馬場 TAKADANOBABA
目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA