【ピアノ教室】ただの小さいピアノじゃない! シンセサイザーの魅力(パート2)

■シンセサイザーにも種類がある

シンセサイザーと一口に言っても、スタンダードな物から専門的な物までたくさんの種類があります。 物によってできることや出せる音色の数、音色の精密さが全然違います!使う用途に合わせて上手に選ぶのもまた一つのテクニックですね。 また、PC上のソフトウェアとしてDTMや打ち込み作業の時に活躍する実態のないソフトウェアシンセサイザーというのもあります。


通常の鍵盤のあるシンセサイザーはハードウェアシンセサイザーと言うのですが、その中にも大きく分けて"デジタルシンセサイザー"とアナログシンセサイザー"の二つの種類があります。
簡単に言うと、よく見るボタンやディスプレイでピアノ・ストリングス・ブラス・・・と言うように既存の音をすぐに出せるのがデジタルシンセサイザーです。


アナログシンセサイザーはピアノやストリングスと言うように音が決まっているわけではなく、つまみなどを自分で操作し電子音をいじって音作りをするシンセサイザーです。
自分で音色自在に作り出せるのはシンセサイザーの醍醐味ですが、今はワンタッチで音色を呼び出せる便利なデジタルシンセサイザーの方が主流となっています。


■初心者必見!シンセサイザーの基本機能


(1)音色の合成
シンセサイザーでは音程・音色・音量をつまみやディスプレイの操作によって合成し、オリジナルの音色を作ることができます。


(2)スプリット
また、スプリットといって鍵盤の場所によって出す音色を変え、同時に弾いたり1人で何種類かの音色の楽器を演奏することが可能です。
スクリーンショット 2018-08-28 11.10.29.png


(3)レイヤー
もう一つ便利な機能が、レイヤーです。
レイヤーとは、図のようにピアノとストリングスの音色を混ぜることができる機能です。
音色を太くしたり、重ねて新たな音色を作ったり、まさにシンセサイザー特有の機能です。

https://youtu.be/5U470dJxpKE


■こんなこともできちゃう!意外と知られていないシンセサイザーの使い方


・アルペジエーター
アルペジエーターは、和音を弾くだけで様々なアルペジオパターンを自動で演奏してくれる機能です。
アルペジオとは和音を分散させて演奏する奏法で、ギターやピアノ、ハープなどでよく用いられています。
アルペジオパターンも機種によってはたくさん種類のあるものもあり、ギターの奏法などもコピー出来たりします。


・シーケンサー
ドラム、ベース、ピアノなどの音色を打ち込んで重ねて録音していくことのできる機能です。
これを使えばシンセサイザー 一つで一曲演奏することも難しくありません。
https://youtu.be/fQ_VteG4onk


■あなたのお気に入りはどれ?人気機種の音色


定番のシンセサイザーと言えばRolandのJUNOシリーズですが、操作も簡単で使いやすく、軽くてデザインも可愛らしいことから若い世代のバンドマンにも愛されるシンセサイザーです。
お値段も手頃なので初めてシンセサイザーを購入する方には最適だと思います。
スクリーンショット 2018-08-28 11.10.33.png


また、プロからアマチュアまでキーボーディストに高い評価を得ているClaviaのNordシリーズもかなり人気の機種となっております。
こちらはとにかく音色がリアルで綺麗です。機械らしくないまるで生の楽器のような音色で、プロの現場でも使えるような最新の機能が備わっております。
使い方は少々複雑ですが、機能性と音色のリアルさを求める方にはオススメのシンセサイザーとなっております。
スクリーンショット 2018-08-28 11.10.35.png


ー終わりに
今回ご紹介したようにシンセサイザーは今や多様なジャンルのバンド演奏、レコーディングなどに欠かせない万能な楽器と言えます。
種類や機能も様々ありますので、お気に入りの機種を見つけてあなただけのオリジナルの音色を作り出してみてはいかがでしょうか?
スタジオNOAHでも様々な種類のシンセサイザーのレンタルがありますので是非一度お試しください!

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケに合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA