【ピアノ教室】自分にあったレベルのコンクールに参加してみよう!

?はじめに
ピアノコンクールは日本だけでも数えきれないほど存在します。もちろん入賞すれば賞状や盾なども得られるのはもちろんですが、出場をしてみるだけでもステージに立つ経験が得られることで大きく成長に繋がり、自分の力量を測るのに申し分ない舞台です。ピアノを学んでいる人々の目標や励みになるコンクールについて、ここで少しご紹介していきます!


■ まずはこれ!ヨーロッパ国際ピアノコンクール


ピティナ提携コンクールで、5月末あたりから地区予選が始まり年末の全国大会まで続きます。「自由曲コース」「特別コース」「課題曲オリジナルコース」の3種類のコースがあり、単なる"テクニック"重視に偏らずに"音楽性" "音色の美しさと響き"と共に"自由で個性的な表現"を高く評価され、身近にヨーロッパスタイルのピアノコンクールを体験出来るコンクールです。


■ ステップアップに、ヤマハピアノフェスティバル


2016年よりヤマハジュニアピアノコンクールとして衣替えし、全国展開しているピアノコンクールです。中学生以下のピアノ経験のあるお子様が誰でも参加出来るコンクールです。


■ 目指すは、ピティナ・ピアノコンペティション


ピティナ・ピアノコンペティションは、予選から決勝まで約45,000組の参加者を誇る世界でも最大規模のコンクールです。年齢制限がない「ソロ部門」、音楽の響きと広がりを経験出来る「デュオ部門」、中学3年生以上のピアノ演奏者が自由曲で参加出来る「グランミューズ部門」の3部門別で審査されます。特にソロ部門の最高峰、「特級」は最も国際コンクールに近い国内コンクールと呼ばれており、過去に国際コンクール入賞者を多数輩出しています。全国決勝大会ではプロのオーケストラと共演する機会を用意されており、学習の一環になるよう配慮されています。


■ レベル別日本で開催されている有名コンクール


様々なコンクールの中で、いくつか抜粋してレベル別でご紹介します。


(Bランク)
・東京国際コンクール
・埼玉ピアノコンクール
・ヨコハマジュニアピアノコンクール
・ローランド ピアノ・ミュージックフェスティバル


(Aランク)
・ヨーロッパ国際ピアノコンクール
・ヤマハピアノフェスティバル
・カワイ音楽コンクール


(Sランク)
・全日本学生音楽コンクール
・ショパン国際ピアノコンクール
・ピティナ・ピアノコンペティション


?終わりに
国内コンクールは毎年開催されているものがたくさんあり、国際コンクールに関しては数年に1度のペースで行われているものが多いです。今ご紹介したもの以外にも、様々なレベル・開催時期のコンクールがありますので是非一つの目標として目指してみてはいかがでしょうか。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケに合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA