ピアノ

instructor

荻原健登
NAME
荻原健登KENTO OGIWARA

MESSAGE

「ジャズ・ピアノを弾いてみたいんだけれど、私にできるかな...?」
「趣味でもいいから、もう少し弾けるようになりたい!」
「憧れるんだけれど、私にはできないよな...。」
何でも大丈夫です。
音楽もその人それぞれ、やり方も、ペースも、考えも、その人それぞれです。
もし、ちょっとでも気になるんだったら一緒に始めて、貴方の音楽を楽しんでみませんか?

PROFILE

5歳の頃に音楽好きの両親の勧めでクラシックピアノを習い始めるもモノにならず、10歳で一旦レッスンを辞める。
13歳の頃、当時流行していた洋楽(ロック・ポップスなど)を姉が聴き始めた影響で自分もCDを買い始め、最初はU2などのロックバンドを聴いていたが、程なくジミ・ヘンドリクスに衝撃を受け最初のギターを手にする。
中高時代はクラスメイトとロックバンドを組んでギターを弾く傍ら、ピアノも自己流ながら再開し、キース・ジャレットの“ケルン・コンサート”や、セロニアス・モンクの古いレコードを聴いて、即興やアドリブを楽しむようになる。
東京外国語大学入学と同時にジャズ研に入部、ギターからピアノに転向、ジャズを学び始める。
ディジー・ガレスピーの“チュニジアの夜”、チャーリー・パーカーの“コンファーメーション”などの曲に触れ、ビ・バップの音楽に出会う。
また同じ頃、ジャズ・ピアニストの元岡一英氏に師事する。
同氏からは断続的にレッスンについていたが、2008年から2013年にかけては特に集中してソロ・ピアノ習得のレッスンを受ける。
以降、都内のレストランでのBGM演奏やソロ・ピアノによる単独リサイタルを開催し成功を収める。
現在、東京及び近郊を中心にリーダーバンドによるライブ開催、ジャムセッションにおけるセッション・ホスト、様々なジャズ・ミュージシャンたちとの共演、また高齢者施設や障害者施設でのライブ演奏などもしている。
2020年1月、元岡一英氏の下を辞し、ジャズについてまた新たに学び始め、勉強中。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

DTM DTM

DAWの使い方はもちろん、作曲や打ち込み、はたまた録音に至るまで、DTMに必要な知識を余すことなく教わることができます。DAWは、Logic Pro、Cubase、Studio Oneのシェアベスト3のソフトから選べ、モニタースピーカーもご用意しております。自分の曲を形に残したい、生楽器も録音して完成度を高めたい、そもそも自分で曲を作れるようになりたいという方、ぜひご受講ください。