サックス初心者のマウスピースの選び方|ノアミュージックスクール【サックス教室】

マウスピース123.jpg


■ まずはサックスのマウスピースの各部名称を知ろう


マウスピースは各部次のような名称がついています。知っている方も知らない方も確認してみましょう。


ティップ・オープニング
マウスピース先端とリードとの開きのこと。
狭いと大きな音が出しづらいため、演奏に際して、硬めのリードを必要とします。開きが広いと大きな音は出ますが、音のコントロールが難しく、吹くのに大量の息が必要となります。


フェイシング
ミディアム、ロング、ショートの大きく三種類に分類されます。ショートの場合、音色は
明るくなりますが、その反面に音は細く低音が出しづらい傾向があります。ロングになる
と暗めな音色になりやすく、硬めのリードを使った場合に音のコントロールが難しくなります。
またカーブの角度・形状によっても音色、音の反応、吹奏感などに違いが出てきます。


ティップレール
狭いものは音にニュアンスを付けやすく、音の立ち上がりも速い反面、音の裏返りやリードミスなどが起こりやすくコントロールが難しくなります。広いものは音のボリュームが出しづらく、また音のニュアンスもつけづらいですが、リードミスは起こりにくくなります。


チェンバー
ミディアム、スモール、ラージなどと呼ばれるサイズの違いがあり、スモールサイズのものは一般的に音のボリュームが大きくなります。音の太さ自体はラージサイズのほうが増す傾向があるようです。サイズの他、形状の違いにより、音量や音色に影響を与えます。主な形状として以下の4種類があげられます。
   ・ラウンドタイプ
   ・スクエアタイプ
   ・馬蹄型
   ・ラウンド+フラットなサイドウォールの形状


バッフル
今まで紹介してきたティップオープニングからチェンバーまでの面のことを指します。バッフルの形状は大きく以下のような4種類に分けられます。
   ・ストレート型
   ・ロールオーバー型
   ・ステップ型
   ・バレット型


■ マウスピースの材質


以下の3つのものから選ぶことになります。それぞれ特徴があるので簡単にまとめてみました。
・プラスチック製
軽量で硬いので、軽やかで硬めの音が特徴的です。吹きやすく初心者向けの材質です。


・エボナイト製
プラスチック製と比べ、少し音に柔らかさと艶があるのが特徴です。メーカーによって原材料の混ぜ合わせの比率が違うため、メーカーによっても少しづつ音が変わってきます。


金属製(メタル)
・さらに細かく見ると真鍮、アルミ合金、ステンレス製などがあります。音色は硬めでパワフルなのが特徴です。ロックやフージョン系の音楽と相性がとても良いです。


■ 初心者必見!マウスピースの選び方


先述した文章と自分がどのジャンルを吹いているか、どういう風に吹きたいかがはっきりしていれば、以下の3通りに分けられるかと思います!参考程度に読んでみて自分にあったものを選びましょう!

・なるべく楽に楽器を吹きたい方や、抵抗が強いマウスピースに慣れていない初心者の方
→プラスチック製がおすすめ!


・ジャズやクラシックなどどんなジャンルの音楽を吹きたい!
→エボナイト製がおすすめ!


・ジャズやロックなどポピュラー音楽を吹きたい!ソロより目立つ演奏をしたい!という方
→金属(メタル)製がおすすめ!


■ マウスピースの交換時期は?


マウスピースの寿命は約2年と言われています。
ただし明確にこの時!というものはないので人によっては頻繁に変える人や長年続けてきてまだ変えていないプロの方も中にはいます。
その時の気分や、やっている曲調が変わってきたり、自分の中で何か区切りがあるときに変えるのがいいのかもしれませんね!


■最後に


この記事に書いてあることはあくまで一例です。
この記事を読んで、少しでも自分にあったマウスピースを選んでより良いミュージックライフを楽しんでいただけたらなと思います!


体験レッスン

レッスン時間
30分
¥1,000
(税別)
楽器レンタル
無料

まったくの初心者でも大丈夫!

楽器に触ったことがない初心者の方にこそ、楽器を弾く楽しみを感じてほしい、と思っています。体験レッスンに限り、無料で楽器のレンタルを行っています。まずは楽器に触れ、音を出してみませんか?

自分のレベルがわからない!

自分がどれくらい弾けるのかわからない?という方も、体験レッスンを受けていただければ、担当の講師がレベルに合ったレッスン内容をご案内します。

体験レッスンはWEBまたはお電話にて
ご予約できます。

WEBで予約する
WEBで予約する【24時間受付可能】

下記ボタンより申込フォームにお進みください。必要事項を入力していただき、お申込みいただけます。

電話で予約する
電話で予約する

体験レッスンを受けたい校舎や希望日時をお電話にてお伝えください。わからないことなどあれば、お気軽にお電話ください。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケの音楽に合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

DTM DTM

DAWの使い方はもちろん、作曲や打ち込み、はたまた録音に至るまで、DTMに必要な知識を余すことなく教わることができます。DAWは、Logic Pro、Cubase、Studio Oneのシェアベスト3のソフトから選べ、モニタースピーカーもご用意しております。自分の曲を形に残したい、生楽器も録音して完成度を高めたい、そもそも自分で曲を作れるようになりたいという方、ぜひご受講ください。

STUDIO店舗案内・アクセス

秋葉原 AKIHABARA
2021 NEWOPEN!
渋谷1号 SHIBUYA1
池袋 IKEBUKURO
高田馬場 TAKADANOBABA
目黒不動前 MEGURO FUDOMAE
池尻大橋 IKEJIRIOHASHI
恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA