トロンボーンについて

トロンボーンは、金管楽器の一種。
トランペットと同じくとても古い歴史をもつ楽器で、ハーモニーの美しさから神の楽器ともいわれ教会音楽にも重用されていた。
トロンボーンの音域は成人男性の声域に近いといわれている。
奏法は、唇を振動させて音を出し、第1ポジション?第7ポジションまであるポジション間を、スライドを動かすことで音を変えることができる。
スライドでの微妙な音程の調整ができるため、より正確な音程での演奏をすることができるのもこの楽器の魅力。
種類は、主要なもので、アルトトロンボーン、テナートロンボーン、テナーバストロンボーン、バストロンボーン等がある。

♪アルトトロンボーン♪


テナートロンボーンよりも小ぶりで、標準的にはE♭管(F管やD管も存在する)。
人の声とよく溶け合い、合唱付きのオーケストラ曲やトロンボーンアンサンブル曲などで用いられることが多い。

♪テナートロンボーン♪

最も基本的な構造をしたトロンボーンの代表格で、B♭管。 音域的には、最も男性の声に近い。 バルブがないため、離れたポジション間を素早くスライドさせるには訓練が必要である。

♪テナーバストロンボーン♪

テナートロンボーンに1つ追加のバルブがついている。 B♭管だが、記譜は実音。 テナートロンボーンにF管のバスを合体させたもの。 バルブを使用することにより、テナーで出せる最低音の長3度下のCまで出すことができる。

♪バストロンボーン♪

テナーやテナーバストロンボーンより太いボアと大きなベルを持ち、1つまたは2つのバルブを備えている。 調性は同じくB♭管。 バルブを使用することで、遠いポジションまで腕を伸ばさずとも低い音を出すことができ、音が鳴りやすくなるのが特徴(主に低音)。

☆プチ豆知識?マウスピース?☆

楽器に息を吹き込む部品(マウスピース)が、ユーフォ二アムと共用のものが売られていることが多いため、ユーフォ二アム奏者、トロンボーン奏者ともに自分の持ってるマウスピースで両方の楽器を演奏することができる。

MUSICAL INSTRUMENT楽器一覧

ドラム DRUMS

ドラムセットのセッティングの仕方など基礎事項に始まり、ドラム譜の読み方、フォームの確認、基本的なリズム・パターンの習得、様々なドラム奏法の研究を通してリズム感覚を養っていきます。

ギター GUITAR

ギターの演奏フォーム、ピックの持ち方などのギターの基礎確認から、ギターアンプのセッティング、エフェクターの使い方などサウンドメイキングにおいても楽しく親切丁寧に教えます。

ベース BASS

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。

ピアノ PIANO

「楽しみながら学ぶ」をテーマに、初心者の方には譜面の読み方や、ピアノ演奏の基本的な技術から、経験者の方には好きな音楽や、やりたい音楽の方向性等をお聞きした上で内容を決めています。

サックス SAX

アンプシュアやタンギング、スケール練習などの技術をお教えします。そして曲に挑戦!いろいろな曲をカラオケに合わせてサックスを演奏します。

フルート FLUTE

JAZZ希望の方でも初心者の場合、CLASSICのメソッドを中心に行います。呼吸法、ロングトーン・スケール(音階)、教則本の順番で行いますが、臨機応変に内容を変更します。

トランペット TRUMPET

マウスピースの当て方、唇の正しい形の作り方、正しい震動の伝え方、トランペットの構え方、など吹くための技術から始まり、楽譜を読む読譜、トランペットの演奏に必要な知識を学んでいきます。

トロンボーン TROMBONE

マウスピースの当て方、楽器の構え方、アンブシュア、タンギングなどの吹くための技術から始まり、楽譜を読む力や、トロンボーンの演奏に必要な簡単な理論など吹くための知識を学んでいきましょう。

バイオリン VIOLIN

初心者の方でも受けられるように丁寧に基本から教えていきます。音を出すのが難しい、と思われがちですが、基本からしっかりと始めれば、音はもちろん曲だってしっかり演奏することも可能です。

DJ DJ

機材の使い方はもちろん、基本的なテクニックを学んだら様々な技法にチャレンジ。クラブDJに必要なテクニックや展開方法について学んでゆきます。

STUDIO店舗案内・アクセス

恵比寿 EBISU
下北沢 SHIMOKITAZAWA
田園調布 DENENCHOFU
吉祥寺 KICHIJOJI
中野 NAKANO
駒沢 KOMAZAWA
代々木 YOYOGI
都立大 TORITSUDAI
銀座 GINZA
赤坂 AKASAKA